腕章・バラリボン 式典用品

テープカット時に必要なもの

テープカット・式典に必要な物を一覧にしております。
人数分揃える必要のある物、会場にあわせて数を揃えるものがございます。

テープカット用品一覧へ>>

テープカット時に必要なもの

1)テープカットスタンド テープカットをされる人数により本数が変わります
2)テープカットリボン テープカットをされる方の人数分。
2つを背中合わせに貼り合わせて1組です。
テープカットリボン結び方は2本のひもが裏面に付いています。
それをテープに縛り留めます。結び方に決まりはありません。
3)テープカット用テープ 横に張るテープです、赤や白の代用リボンがあれば必要ありません
4)テープカットハサミ テープカット後、テープカットした来賓に進呈することが一般的です。
5)はさみ用リボン はさみの装飾として使用します。
6)白手袋 テープカットをされる方の人数分と式典進行役の人数分
7)胸に付ける中〜特大リボンバラ テープカットをされる方の人数分と来賓の方用
8)賞状盆 ハサミで切った後のテープを載せる時等に必要です。
9)紅白幕 式典会場に応じて必要となります。

テープカット進行方法 

■セッティング
1) テープカットの式典会場に紅白幕を設置し、毛氈(もうせん)を敷きます。
(実際の使用までは靴で上らないようにしてください)
2) テープカット式典会場にテープカットスタンドを並べます。
3) テープカット用テープをスタンドに設置します。
(適当な長さに切ってご使用下さい)
4) テープカットリボンをテープカットする人数分、テープに取り付けます。
5) 賞状盆バラリボンハサミ白手袋を準備する。
■テープカットの仕方
  1人の場合:
金ばさみは利き手に持ち、左手で花リボンを持って、
まずリボンの右側をカットします。

その後、
リボンの左側もカットしてリボンを左手に持ちます。
カットしたリボンは賞状盆に載せます。

テープカットのQ&A

Q: テープカットを行うタイミングは?
A: 代表者、ご来賓のご挨拶等が終わった最後に、「テープカット」を行なうのが通例です。
予めテープカットされる方を所定の場所に集めておいて下さい。
この時「白手袋」をお配りして、入場前にセットして頂いたほうがスムーズです。

Q: ハサミについて教えて下さい。
A: 刃物の中にあっても、ハサミは2枚の刃からなり、ネジ(かしめ)によって
結合して1つの目的を達成するという、縁起の良い道具です。
ハサミ(白手袋も)はテープカットを行う人数分をご用意下さい。

Q: テープカット後のハサミは?
A: テープカットをした方に記念として贈呈するのが一般的です。
ハサミの箱には日付や氏名を記入する用紙が付属しています。
また、主催者側が記念品として保存する場合もございます。

Q: なぜ、新しく何かを始めるときにテープカットをするのですか?
A: 「刃物」が新たな門出に縁起が良いからです。
古来その場を神聖に保つものとして、刃物はさまざまな場面で用いられています。
竣工式などのめでたい席にはテープカットは欠かせない昔からの縁起物です。

新たな門出や、人生の出発を祝い刃物を使うことは、
「人生を切り開く」開運を祈念する意味で大変縁起の良いとされています。

テープカットは日本独特の文化でなく、
欧米に於いても開通・落成などの物事のはじまりには、テープカットの儀式が行われます。

腕章・バラリボン 式典用品
[×] 閉じる