国旗掲揚に関して

国旗は原則として晴れの日に、日の出から日没まで掲揚します。
通常、雨天の場合は国旗を屋外に掲揚しません。
また、国旗は国家の象徴です。破れたり汚れた国旗は使用してはいけません。
◎2カ国の旗を掲揚する場合
外側から見て、左側が優位の位置となります。
自国旗、外国旗の2種類を掲げる場合、基本は自国国旗を優先として左側に掲げますが、外国に敬意を表する場合、外国旗を左側に掲げます。
日本国旗と外国旗を併揚する場合
日本国旗と外国旗を併揚する場合
外側から見て、
左側が優位の位置となります。

また、2本の旗竿を交差させる場合には、外側から見て、左側に掲揚される旗が優位となり、旗竿が交差する部分は、外側から見て前方が優位の旗となるように、掲揚します。
2本の旗竿を交差させる場合
2本の旗竿を交差させる場合
外側から見て、左側が優位の位置となります。
旗竿が交差する部分は、外側から見て前方が優位の旗となるように
◎3カ国以上の旗を掲揚する場合
通常は日本国旗を中央に、他国旗はアルファベット順に左側から順番に掲げます。
3カ国以上の旗を掲揚する場合
日本国旗を中央に、他国旗はアルファベット順に左側から順番に掲げます。
◎国旗を縦長に配置し掲揚する場合
星条旗の星の部分のように国旗の左上に、四角く区切られた部分(カントン)や、紋章などが配置されているものは、ほとんどの場合、縦長に掲揚する時、カントンや紋章の部分が左上になる向きで取り付けます。

国旗を縦長に配置し掲揚する場合
国旗の左上に、
四角く区切られた部分(カントン)や、紋章などが配置されているものは、カントンや紋章の部分が左上になることがほとんどです。

また、オランダ、ブラジル、パキスタン、サウジアラビアの4ヶ国は国旗を縦長に掲揚すること自体を禁じている国もあり、その他にも、国旗の掲揚に関しては様々な独自の規則があります。
詳しくは各国の大使館に問い合わせるなど確認が必要となります。
◎異なる国旗を掲揚する場合
高さや国旗の大きさを統一することを原則とします。
国際連合旗については他のいかなる国よりも上位となります。
◎国旗と社旗を併揚する場合
国旗を外側から見て優位の左側に掲揚します。


[×] 閉じる